賞など取ると頂いていた図書カードとは

「図書カード」とは一体なんでしょうか。「図書券」は就学時の時から、何か賞など取ると頂いていた商品券なので子どもの頃から馴染みがあると思います。では「図書カードについて紹介したいと思います。

出版界の共同運営会社、日本図書普及株式会社が発行する本と雑誌のギフトカードです。図書カードの加盟店制度に加入している全国の書店等のうち、カード読み取り端末機が設置してある店舗で利用できる便利なプリペードカードです。

図書カードの名称は商標登録されてるのか気になるところですが、「全国共通図書カード」の名称で商標登録済みです。また、「図書カード」は日本図書普及株式会社で宣伝広告などに通常使用している省略形です。かつての「図書券」とどう違うのでしょうか。図書券は紙の商品券で一回しか」使う使う事が出来ません。

使用後は取り扱い店で回収され、取り扱い店の精算に使われます。これに対し図書カードは、ベット素材に磁気データを塗布したプリペードカードで、書店ではお客様の利用額を専用の読み取り機で減額処理してくれるそうです。

カードはお客様にお返ししますので、カードの残高がなくなるまで、何回でも繰り返して利用する事が可能です。図書券は平成17年秋に発行を終了しており、現在はその後継の図書カードのみ発行しています。図書券は発行を終了していますが、ご利用については期限なくいつでも利用する事が可能です。

購入についてですが、全国の加盟店で販売しています。ただし、加盟店によりましては、在庫のない場合や希望の金額、図柄がない場合もあるみたいなのでご了承ください。「おこめ券」などは流通税などがかかってきますが、図書カードそのものの購入には消費税はかかりません。

非課税扱いです。一方、図書カードで出版物を購入する時は、購入の出版物に対し通常の消費税がかかりますが、その消費税額も含めて図書カードでお支払いいただく事が可能です。額面金額で販売する通常の図書カードの販売は、全国の加盟店でのみ行っています。

数量にかかわらず日本図書普及株式会社からの直接販売はありません。大量に購入したい場合は加盟店舗で確認して下さい。オリジナル図書カードの注文製作に関してですが、子会社「(株)カードサポート」の他、書店加盟店、NTTカードソリューション、一部の広告代理店・印刷会社、専門の製作企画会社等で承っています。

馴染みのあった「図書券」の発行はされておらず、今はカードとして、流通してるのですね。まだ実際「図書カード」を見た事はないのですが、プリペード式とういう事もあるので、何かのお祝いにでもプレゼントしたい。と思います。